音楽紀行(アルバムレビュー)

邦楽、洋楽問わず聴いたアルバムのレビューを。あと、いい音楽を見つけるツールにも。

サマソニ2016雑記その他

自分が言ったSUMMERSONIC2016大阪の1日目については別記事にて感想書いたんですが、東京大阪含めた感想だったりをネットやSNSで見ましての雑記。

 まず大阪二日目も楽しそうで、余裕あればやっぱり行きたかった…。初めてのサマソニで見るアーティストも半分しか決めずにさまよい歩くのはしんどうので来年以降はある程度体力等も考えつつ動き方を事前に決めておくべきだなと(笑

 大阪二日目で見たかったのは、WeezerAt The Drive In、あとUnderworld。結構Weezerがベストアクトだったという感想が多くて羨ましいですね見られたかたは東京1日目も入場規制かかったとか。来年あたり来日公演来てほしいですね。Underworldオフスプリングとベビメタとで客層割れて結構空いてたとか…。正直ビッグアーティストだとは思います。でもヘッドライナーかと言われるとちょっと弱いかなと。逆にトリ前とかソニックステージトリとか、今年中止のソニックマニアのトリとかだと凄い豪華ですよね、みたいな感じ。トリ前アンダワからのトリColdplayとか実現してたらなかなかサマソニ歴代に残る豪華さでしょうか(笑)

 あとは、見れなかった中ではJames BayとSUEDE、KING、Blossomsあたり見たかった。そのほか良いアクトなどあったんでしょうかね?コメントなどしてもらえるとすごく嬉しいです(そんな人気ブログじゃない(笑))2chなどのまとめ記事でまたベストアクトなどチェックします。

 もう来年のことも気になりますね。噂に聞くとColdplayとかGreen Dayメタリカも出演あるかもとか…。おなじみノエルギャラガー兄貴も来年新作が噂されてますしね。そんな中気になる噂はなんとAdeleにオファーが出たとか…。単独公演も見てみたいアーティストですが、フェスでどんなことになるのやら。今から楽しみです。それではまた来年、多くの音楽ファンとフェスで会いたいです!!

 

yamapip.hatenablog.com

 

 

yamapip.hatenablog.com

 

サマソニ16大阪感想②

サマーソニック大阪@舞洲特設会場 1日目

 では、後半戦へ。

THE YELLOW MONKEY

 暑さでかなりばてていたので、コンビニで涼んだのちゆっくりオーシャンステージへ。

イエモンはラスト3曲ほど見たのですが、かなり大盛り上がりで体力に余裕があったなら見たかったなあと。やっぱり、人気があるだけの魅力と実力を持っているのだと感じさせられた、見事なパフォーマンスでした。

セットリスト

  1. SUCK OF LIFE
  2. BURN
  3. ROCK STAR
  4. ALRIGHT
  5. SPARK
  6. 楽園
  7. バラ色の日々
  8. パール
  9. LOVE LOVE SHOW
  10. JAM

サカナクション

 イエモン終了後の転換を待って移動。PA前の中央寄りというかなりステージが見やすい場所を確保。かなりうまくいきました。

 ステージには大量の太鼓も設置され、サカナクションの5人がおなじみの某クラフトワークリスペクトなPCスタイルで登場。のっけから「ミュージック」でぶちあがるテンション!!続いて「アルクアラウンド」「Aoi」と必殺チューンを連発。これはまずいですよ…。観客のテンションもすごい!!やっぱり、踊れるヒットチューンをいっぱい持つバンドはフェスで強いですね。

 中盤よりディープな楽曲が並んだ後は、唐突な舞妓さん登場で謎に盛り上がる「夜の踊り子」、和太鼓グループGOCOOとのコラボレーションの後「アイデンティティ」でクライマックスへ。ラストは個人的サカナクションNo.1聴きたいソング「新宝島」で締め。みんな飛び跳ねてましたね。

 室内ホールで照明ガンガンが似合うと思っていたのですが、夕焼けと海風を浴びながら聴く彼らも良かったです。

セットリスト

01.INORI ~ミュージック
02.アルクアラウンド
03.Aoi
04.蓮の花
05.さよならはエモーション
06.ネイティヴダンサー
07.ホーリーダン
08.夜の踊り子
09.SAKANATRIBE
10.アイデンティティ
11.ルーキー
12.新宝島

Radiohead

 念願のレディオヘッドのアクト。20分押しのなか、舞台が急に拡張され、6つに分かれた液晶と、多くの照明が設置される。

 そして、いよいよ彼らが登場。のっけの「Burn The Witch」は、ストリングスでなくギターをバイオリンを弾く弓のようなもので弾くことで表現。やべえかっけえ。冒頭5曲はまんま「A Moon Shaped Pool」を再現。ライブでのアレンジも、照明や液晶などの演出も相まってめちゃめちゃ良かった。アルバム自体気に入っていた私はこの時点でかなり満足。Vo.トムのMCもなんか面白かった。流暢に「こんにちは~」とか「あついですね~」とか、あとわけわからない奇声も上げてて笑いつもこんな感じなんでしょうか?ライブ映像はみたことないのでわかりませんが、けっこうご機嫌でリラックスしてる印象。

そして ここからは過去曲も。「2₊2=5」「AirBag」と激しい楽曲にめちゃくちゃノリました。周りの人のテンションもやばい笑個人的に印象に残ったのは「The Numbers」と「Idioteque」、特に後者はもう訳の分からんテンションになってもうすげえやべえよレディヘみたいな感じでw

ライブ音源はグラストンベリー1997のやつしか聴いてなくて、アルバムとかの曲を聴いたイメージしかなかったので、正直レディオヘッドのライブはめっちゃノるとかじゃなくて、ゆっくり聴きこむタイプだと思っていたんです、電子音中心とかで。でも実際は違って、ギターはガンガン鳴ってるし、でもピアノとかで美しい面もあって、ベースやダブルドラムのスリリングな演奏によって引き締められている。彼らは本物のライブバンドなんだと確信しました。

 アンコールを受けて、アコギを持つトムヨーク。これは…「Exit Music (For A Film)」やあああ!!心が濯がれるぅぅぅ。

 名曲オンパレードの後、ラストは「Karma Police」美メロ過ぎてもう…。周りに押されてしっかりシンガロングしましたよ(笑)

合唱してる人も多かったんですが、まだ終わらないと信じてた観客がほとんどでしたね。ダブルアンコールはなく、正直残念…もっと見たかったあああ。出てきたMCの人みんな「誰やねん?お前じゃないわ見たいのは」みたいな雰囲気で気の毒(笑)でも2時間超のフルセットでしたしね。(でも、東京はLet Down、No Suprises、そしてCreep…羨ましい(笑))「Paranoid Android」とか大阪でやっとけばまだバランスとれたんですかね(笑)

 でも、ほんとに凄くて、しばらくレディオヘッドの楽曲が胸をつかんで離さない状態です、今も。照明や液晶といった演出面も、演奏やアレンジ、出音などどれをとっても格が違って、やっぱりこれがワールドクラスのバンドなんだと。人生を変えるライブ。今年3月のD'angeloのライブもそう表現したのですが、ライブでの高揚感と、終わってしまった喪失感がずっと続く感じ。このタイミングで彼らのライブを見ることができて、本当に幸せでしたありがとう。また近いうちにライブが見たい。切実に。

セットリスト

01.Burn the Witch
02.Daydreaming
03.Decks Dark
04.Desert Island Disk
05.Ful Stop
06.2+2=5
07.Air Bag
08.Reckoner
09.Pyramid Song
10.Bloom
11.Identikit
12.The Numbers
13.Feral
14.Weird Fishes
15.EIIRP
16.Idioteque
17.There There
(アンコール)
18.Exit Music
19.Bodysnatchers
20.Separator
21.The National Anthem
22.Karma Police

 

以上で終了です。終わった後は急いでシャトルバス乗り場に向かったため、30分程で乗ることができましたが、結構バスに乗れなかった方々も多くいたということで、運営面で今年はとても問題が残ったそうですね。(花火もなかったので1日目だけの参加としては残念)近頃は関西での洋楽アーティストのライブも減っており、サマーソニック大阪もなくなってしまうのでは?という心配もありますが、フェスの魅力をこういった運営面からも高めていって、より多くの人が普段見られないような外国のアーティストのライブを見るチャンスとなってほしいですし、そうなることでまた新たなファンを生んでほしい、と音楽ファンとしては願うばかりです。まあそういう意味ではやっぱりメインのオーシャンステージはトリにビッグアーティスト、トリ前に実力あるアーティスト、その前くらいに邦楽からビッグアーティスト(ミスチル、B'z級)が登場、みたいな感じが一番私としては好きです。(トリ前とその前は入れ替わってもいい)もちろんファン層が異なることで、地蔵だったり問題点も多いと思いますが、せっかくだったら普段交わらないような客層同士で一緒に盛り上がりたいし、新たなアーティストとの出会いだったり、これでこそフェスの醍醐味じゃないですか。

 と長々余韻に浸りながら訳の分からんフェス論は打ち止めで、また来年もフェスには行きたいです。フジロックなども手が出れば。

とにかく、人生初のフェス、楽しかったの一言!

 

yamapip.hatenablog.com

 

 

yamapip.hatenablog.com

 

 

サマソニ16大阪感想①

 サマーソニック2016大阪@舞洲特設会場 1日目

(※セットリスト随時追記)

 今回は、SUMMER SONIC 2016に念願の初参加してきました!1日目の感想を2回に分けて、会場までの移動や会場自体についてのことも交えつつ書きたいと思います。

 

 会場までは、まずコスモスクエア駅まで移動し、9時半過ぎ頃に到着。シャトルバスは案外混んでなく、バスはほとんど待たずに乗れました。

 会場に着くと、まず近くのコンビニを探して水分や食料の調達。最寄りのローソンはこの時間帯で既に並んでいたのですが、少し離れたファミマは全然混んでなかったので、次回以降も利用したいです。

 ゆっくりとリストバンド交換をし、会場の下見も兼ねて午前中はのんびりいろんなアーティストを見ることにしました。

①Nothing But Thieves

 15分ほどかけてオーシャンステージへ。既に中盤っぽかったのです、会場はそこそこ空いてたのでやや後方でゆっくり2,3曲鑑賞。このバンドは名前しか知らなかったのですが、UKっぽい演奏と、MUSEを彷彿とさせるボーカルが印象に残りました。まあまあ良かったのでアルバム聴いてみたいと思います。

セットリスト

  1. In Future Milstone
  2. November 15th
  3. Out of Control
  4. Spirit Inspiration
  5. Isolation

②MΦ

 続いて、また10分程戻りマウンテンステージでMΦを待つ。冒頭3曲ほど見たのだが、これがかなり良かった。全く知らなかったのだが、エレクトロを基調としたポップバンドなのかな?みたいな印象で、ボーカルの女のひとのパフォーマンスが良かったです。3曲目にしてもう客席まで降りてましたね(笑 次もどっかのフェスで見る機会があれば、フルで見てみたいかな。

③POP ETC

 既に暑かったので、涼みにソニックステージへ。スタンド席のほうにいったのですが、結構ステージも近いうえに涼しくて観やすかったです。体力に不安がある方なんかは、ここで1日いるのもありなのかなあと笑

 彼らの演奏は、ラスト3曲ほど見ましたが、これも良アクトでした!Weezerっぽい演奏+Gallileo Gallileiっぽいアレンジみたいな雑な表現なのですが、気に入ったのでこれもアルバム聴いてみようかなと思います。

④[Alexandros]

 昼飯食べながらちらっと見ました。若い人がいっぱい見に行ってた印象ですが、裏のBlossomsをソニックステージで見なかったのは後悔。

セットリスト

  1. Burger Queen
  2. Run Away
  3. Gorl A
  4. Waitress,Weitress!
  5. Kick&Spin
  6. Swan
  7. starrrrrrr
  8. Dracula La
  9. ワタリドリ

 

⑤Gotch & The Good New Times

 友達のリクエストで、ソニックステージに戻り開演前から3列目くらいに陣取る。

全く聴かないできたので、アジカンのイメージしかなくどんな曲やんのかなと思ってたら、なかなかバラエティに富んだ楽曲が多かったです。バンドメンバー全員は南国っぽい花柄シャツに揃えてました。その印象もあってか肩の力が抜けたリラックスした雰囲気で楽しめました。個人的にはラスト3曲がGood! いいアクトだったと思います。あと余談ですが、女性コーラスの方、調べたらYeYeさんというアーティストなんですね。聴きやすい歌声となんかリズムのノリ方のかわいさが印象に残りました(笑)チェックします。

セットリスト

1.Paper Moon
2.Lady in a Movie
3.Can’t Be Forever Young
4.Independence Dance
5.The Sun Is Not Down
6.Tokyo Bay
7.Wonderland
8.Good New Times
9.A Girl in Love

 

今回はここまで。次回は後半戦をレポートします。

 

yamapip.hatenablog.com

 

 

yamapip.hatenablog.com

 

どこにいても聴ける曲

Radiohead「OK Computer」 

 いやぁ、勘違いしてました。ほんとに。だってしょうがないじゃないか(えなりかずき風)、個人的90年代ギターロックの最高潮のひとつとして名高い2ndアルバム「The Bends」からレディオヘッドを知った身からしたら、そのアルバムジャケといい一聴して感じる陰鬱な雰囲気と言い、こりゃ無機質で冷たいアルバムなんだなと思うのも無理なしで。「OK Computer」なんていうタイトルにも騙された。

 いや違うんだと。2nd以前とは違う、4th以降とも異なる魅力、緻密な構想のうえにある、人間臭さにやっと気づけた20代初め。大人になったという事か。

ということで週末に控えたサマーソニックのド本命、レディオヘッドが誇る名盤を。

 

Topic 1 バンド、およびロックの転換点

 1stアルバムの流れから、2ndアルバム「The Bends」は轟音ギターに一筋縄ではいかないメロディが絡んだ、熱量の高い作品であり、見事世界中に名を轟かせた。そして、今作。様子が違う。前作あれだけ熱かったのと対照的に、とにかく静かだ。Vo.トムはなんか呟くように歌ってるし、アレンジも落ち着いたものが多い。

Topic 2 生演奏を重視した制作

 聞けば、今作ではバンドに制作の進行権が一任されて、電子音ではなく楽器の演奏とその加工のみで制作されたらしい。

この狙いが、派手ではない暗い楽曲が並んでも、手触りがいいというか暖かい人間らしさみたいなのを感じさせているのかなあと。

Point 1 といいつつ前作踏襲の熱い冒頭2曲

 でも、なんだかんだ冒頭の「Airbag」そして、「Paranoid Android」といった前作踏襲のノイズギター面目躍如!みたいな曲も聴いちゃうのだ。ただ、構成なんかでまた単純な曲にはしない。「Paranoid Android」とか、何回曲調変わんねん!どんな頭してんのこの曲作ったやつ…とか高校生のころ思った記憶がある。

Point 2 静かだけど暖かい曲

 しかし、真骨頂は静か目な曲調の楽曲たち。「Exit Music (For A Film)」「Let Down」「Karma Police」の三連発とか、おとなしいなりして凶暴過ぎ。「Let Down」の最初のイントロだけで泣ける自信あるわ。

 そして、「No Surprises」の圧倒的クライマックス感。物語の終わるかんじ。ギターのメロディ優しすぎませんか?現時点での僕の生涯がドラマになった場合のエンディング決定。

 無機質なようでいて、暖かくって聴きやすい。確かに聴くのに集中力がいるかもしれないけれど、どこにいても聴けるし、寄り添ってくれる。そんな人懐っこい芸術。

  1. Airbag ★
  2. Paranoid Android 
  3. Subterranean Homesick Alien 
  4. Exit Music (For A Film) ★☆
  5. Let down ★★
  6. Karma Police
  7. Fitter Happier (インスト曲)
  8. Electioneering ★☆
  9. Climbing Up The Walls 
  10. No Surprises ★☆
  11. Lucky ★☆
  12. The Tourist 

     

    Ok Computer

    Ok Computer

     

     

本当のアルバム完成形

Coldplay 「Ghost Stories Live 2014」  ★★★★☆

 コールドプレイ6枚目のアルバム「Ghost Stories」は、世界中にその名を轟かせたVIva la Vida を含む4thアルバム、ポップさに振り切ったカラフルな5thアルバムときた流れからは想像できない作品だった。多くのファンが戸惑いを隠せなかった6thアルバムだが、今回はそのライブCDをあえてレビューしたい。

Topic 1 モノクロの世界

 「Ghost Stories」は、前作のカラフルさから一転して、一貫したモノクロ調のコンセプトアルバムだ。Vo.クリスマーティンの妻との別離がどうみても影響した作品だ。モノクロ調の作品と言えば、コールドプレイ最高傑作(と個人的にみなしてる)2thアルバム「静寂の世界」が思い浮かぶが、あの作品がピアノやギターなどを用いて時にその激情を表現していたのに対し、今作ではエレクトロ系のアプローチで努めて欝々とした沈み込むような感情を表現している。

Topic 2 寄り添いやすい作品

 とこのように書くと、とっつきにくい作品だと誤解されやすいが、実は寄り付きやすい作品なのだ。これまで、特に前作ではスケールの大きい音楽で、これぞ世界のビッグスターといった作品だったのだが、前述のとおり今作は離婚を経て、悲しみ嘆く男の作品だ。それはもうちっちゃい。ミニマムなのだ。そして、その誤解を解くべく、ライブCDを一度聴いてほしいのだ。

Point 1 ライブの雰囲気

 スタジアムアーティストであるコールドプレイでしたが、今作の作風に合わせホール級の比較的小さな会場でライブが行われました。客との距離感がいいし、演奏するバンド側も肩の力が抜けた感じでアルバム以上に暖かい雰囲気が演奏やアレンジに現れています。

 軽快なナンバーである「Ink」、大げさに盛り上げるようなアレンジでなくても観客との掛け合いもあり、ライブでもベストアクトなんじゃないかと。

 そして、溜めて溜めての「A Sky Full Of Stars」。アルバムでも沈み込んでからの解放感が半端ないんですが、ライブでは観客の爆発的な反応をあいまって、クライマックス感がすごいです。

 

 観客との距離感が近い中で演奏されて、初めてこの「Ghost Stories」は完成したのではないかと思います。このライブを一度聴いたうえで、もとのアルバムを聴いた時の理解の度合いは全然違います。そして、つらいときに寄り添ってくれるような大切な作品になってくれると保証します。隠れ名作だやっぱ。

  1. Always In My Head 
  2. Magic ★☆
  3. Ink ★☆
  4. True Love ★☆
  5. Midnight ★☆
  6. Another's Arm 
  7. Oceans 
  8. A Sky Full Of Stars ★☆
  9. O 

     

    Ghost Stories Live 2014

    Ghost Stories Live 2014

     

     

     

    Ghost Stories

    Ghost Stories

     

     

サマソニタイムテーブル発表!!

サマーソニックのタイムテーブルが発表されましたね。大阪のほうに行く予定だったのですが、総合的に考え1日目のみ行きたいと思います。

 SUEDEやJames Bayあたりも見たかったのですが、レディオヘッドを優先すると多分見れませんねえ…。

おそらくほとんど張り付いてみてると思います。唯一良かったことはレディオヘッドが2時間の予定だったことですね。フルセットでみれそうですね…。ではでは

洗練というにふさわしいが…

Red Hot Chili Peppers 「The Getaway」★(4.0)

 「こ、これが大人な魅力というものなのか…」昨夜、私は信じられないといった表情でこうつぶやいた。バーで年上美女に口説かれたわけではない。(そうあってほしいが)

 そうではなく先日加入したばかりのApple Musicで、CD購入を待ち切れず配信されたばかりのレッチリ新作「The Getaway」を聴いたのだ。これは、起こる。レッチリファンの大論争が…。

Topic 1 それはちょっとした事件だった

 混乱するのも無理はない。RadioheadやJake Buggといった注目のアーティストの同時リリース(レディオヘッドは既に配信していたが)、James Blakeも含め先月からのリリースラッシュに世界10億のロックファンは動揺していた。そしてレッチリは衝撃を与えるべく5年ぶりの新作を携え、帰ってきたのだ。

Topic 2 新ギタリストジョシュの本格参加

 前作より、ギタリストがジョンフルシエンテからジョシュ・クリングホッファーへ替わっていたのだが、その前作「I'm With You」自体は、ジョン在籍時の楽曲とあまり変わらないようなアプローチであり、ジョシュの参加よりもむしろ勢いを取り戻したかのようなベースのフリーあるいはドラムのチャドがグイグイ引っ張っている印象であった。そういう意味で、加入より6年以上経たジョシュが、どんな色を出してくるのかにもとても注目していた。

Point 1 明らかに違うサウンドプロデュース

 全体を通して、サウンドプロデュースであったりアレンジが洗練されている気がする。これはおなじみのプロデューサーリック・ルービンから代わったデンジャー・マウスの影響だろうか。

 先行されていた楽曲、「The Getaway」もそうだが、「Dark Necessities」こいつが凄い。ピアノやリズム隊のソリッドな演奏が初聴の時点で印象的だったが、聴きこむほどに更によく聴こえてくる。ジョシュのギターも、ジョンとはまた違う音作りやメロディが如何なく発揮されている。よく「ガム曲」「スルメ曲」と言われるが、こいつはどっちも備えたハイブリッド型で、間違いなくこれまでの名曲に肩を並べるのだ。

Point 2 Gt.ジョシュが放つ色

 前述したように、Gt.ジョシュが今作ではようやく自分の色を出している。「Goodbye Angels」は確かVo.アンソニーの失恋をもとにした楽曲なのだが、ベースと絡み合うギターがいい。そして、「Sick Love」渋いギターの面目躍如である。2分過ぎのギターソロを聴いてくれ。この空間系の音作り。これを待っていたのだ。これまでで一番かっこいいジョシュのギターがそこにあった。必聴。

Point 3 リズム隊による引き締め

 ピアノだったり、女性コーラスを大胆に取り入れたりした楽曲も並び、中盤以降中だるみしてしまいそうだが、ベース・ドラムの演奏が相変わらずうまく楽曲を引き締めている。終盤メランコリックな曲調が続くが、「Encore」は落ち着いたメロディにソリッドなベースがうまくグルーブ感を生んでいるし、「The Hunter」では派手ではないが静かで限界まで贅肉をそぎ落としたようなドラムが曲の哀愁感を引き上げている。

 集大成が、「Dreams of a Samurai」である。ピアノから入り、サイケデリックな女性コーラスからギターと鋭いリズム隊が絡み合うセッション臭い一曲に、このアルバムのほとんどが詰まっている。事前予想どおりの名曲でよかった笑

 プロデュースの効果だろうが、13曲50分少々でアルバムとしても尻すぼみにならない構成になっており、まさに盤石の作品となっている。ただ、悔やむべきは文句なしのアッパーチューンだけが足りないことだろうか。メロディの強い楽曲が少なく「Can't Stop」「By the Way」ばりの一発ノックアウトされるような楽曲があれば、間違いなく最高評価だっただろう。

 興奮のあまり非常に長々と書きすぎてびっくりしましたが笑(文字数を確認して)、とにかく落ち着いた大人な作品(個人的には前作より好き)である。ベテランとしてのこの作風、これまでのレッチリとしては星3つ半、いちアーティストとしては星4つといったところだろうか。おそらくファンは賛否両論だ、これまでを良く知る人ならなおさら。ただひとつ、意外とライブでの演奏で化ける楽曲多いと思います。「Dark Necessities」はもちろんだが「Go Robot」「Sick Love」あたりはめっちゃ聴きたいですね。そういう意味でフジロックいけないのは残念です。行かれる方、もちろん必聴ですよ笑

  1. The Getaway ★★★☆
  2. Dark Necessities ★☆
  3. We Turn Red ★☆
  4. The Longest Wave ★☆
  5. Goodbye Angels ★☆
  6. Sick Love ★☆
  7. Go Robot 
  8. Feasting on the Flowers ★☆
  9. Detroit ★☆
  10. This Ticonderoga 
  11. Encore ★☆
  12. The Hunter ★☆
  13. Dreams of a Samurai ★☆

     

    The Getaway

    The Getaway

     

     

     

     

    yamapip.hatenablog.com