読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽紀行(アルバムレビュー)

邦楽、洋楽問わず聴いたアルバムのレビューを。あと、いい音楽を見つけるツールにも。

音楽への前向きな決意表明 

 Galileo Galilei "Sea and The Darkness" Last Tour 2016

 大阪心斎橋にあるライブハウス"Music Club JANUS"で行われたGalileo Galilei のライブに参加してきました。演出、曲目などネタバレありなので、今後ライブ参加予定の方は注意してください。では開演までの流れを少々。今後JANUSでのライブに行こうとする方にも参考になれば…。

 

 

 会場には開場30分前くらいに到着。心斎橋駅からゆっくり歩いて向かいました。グッズを買った後入場列へ。キャパ400人ほどのライブハウスで、整理番号は300後半台でした。5階にロッカーが80近くあり、そのすぐそばが会場入口でした。会場内はおしゃれな雰囲気で、男女お手洗いも中に完備してありました。それでは本編へ。

 

Topic 1 アルバム完全再現ライブ

 事前の告知に沿ってアルバムはしっかり聴きこんできたのですが、まさかの全曲完全再現ライブでした!!バンドは5人体制。

 一曲目のSea and The Darkness はフェードイン、フェードアウトがなくしっかりとした一曲として演奏してくれました。何気にすごくかっこよかった。

 そこからアルバム曲順通りに。Vo.雄貴の調子は凄くよさそう。「鳥と鳥」あたりから開場も含めノリノリになりました。「恋の寿命」は半音下げで、また違った雰囲気で、「嵐のあとで」はかなり好きな曲だったのでもう感無量でした。

 アルバムレビューでも絶賛していたラスト3曲「ブルース」「青い血」、そして

「Sea and The DarknessⅡ」は迫真のアクトでした。Vo.雄貴は感情を込めて、吐き出すかのように激しく、時には叫びながら歌っていて、会場全体はそれを聴きこむというか立ち尽くすというか、盛り上がっているけど放心状態?言葉では言い表せないえらい状態になってたと思います。そして個人的に圧巻だったのがDr.和樹のパフォーマンス。鋭い音とリズムで曲の雰囲気をよりシリアスにして引き締めていました。このバンドを支配しているのは彼なんだなあと。

 

Topic 2 音楽を続ける決意表明

 アンコールでは定番曲や初期の曲をやってくれたのですが、間にはVo.雄貴の弾き語りコーナーも。そこで活動「終了」のことやこれからのことについて語ってくれました。

 活動終了に関しては3点。覚えてる限りでは

1.後ろ向きな原因があるわけではない。原因については文章と今アルバムで表現した。

2.メンバー同士の不仲もない。(むしろ仲良し笑)

3.これまでの活動も否定したくない。これまでの楽曲のファンを大事にしたい。

 これからについては、音楽を嫌いになってはいない、一生のライフワークなのだとおっしゃってました。(会場大拍手)

 Galileo Galileiとしての活動は終了するが、Galileo Galileiとしてライブをもっとしたい。だけどこの感情は矛盾していない。という言葉が印象的でした。

 とにかく今回の決断はポジティブな決断だったのだと伝わりました。

 

 ライブに参加できてよかったと思います。今後参加する方々は是非楽しんでください。ライブに参加できないファンの方々にも、前述した内容が伝わってほしいですね。

 

 ↓アルバム「Sea and The Darkness」のレビューもよろしければ

yamapip.hatenablog.com

 

 

Sea and The Darkness(初回生産限定盤)(DVD付)

Sea and The Darkness(初回生産限定盤)(DVD付)