読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽紀行(アルバムレビュー)

邦楽、洋楽問わず聴いたアルバムのレビューを。あと、いい音楽を見つけるツールにも。

邦楽のド真ん中

レビュー(邦楽)

「REFLECTION{Naked}」Mr.Children 総評★★★★★

Topic 1 邦楽界の「POP SAURUS」

 日本で最も売れているバンド、ミスチルことMr.Children。彼らは90年代から「innocent world」、「Tomorrow never knows」など多くのヒットソングを量産。2000年以降は、自分たちを「POP SAURUS」と自覚し、多くの人に「売れる」いい曲を作ってきた。「Sign」「しるし」「HANABI」などきりがない。そんな彼らだが、ロックファンからは勘違いされている節があるのではないかと常々感じる。これに異を唱えたいのだ。

 

Topic 2 音楽界のド真ん中にカムバックする

 確かに、2000年後半ごろからの彼らの楽曲はメロディの良さは維持しつつも、ピアノやストリングスを多用したものも多く、「マンネリ化」してきた面もあった。悪く言えば保守的だったのだ。しかし、彼らの様子が変わったのは個人的には2013年からだと思う。彼らは攻撃的で異色のナンバー「REM」をデジタルリリースすると、その年の「SUMMER SONIC」に出演、翌年にはファンクラブツアーを開催し、未発表の楽曲を演奏する。この様子は、映画として発表されるのだが、この楽曲たちがまさに、今回レビューするアルバム「REFLECTION」に収録されている。今さらながら、限定版のほうをしっかりレビューしたい。かなりの長文になりそう(笑)

Point 1 デビュー直後のようなみずみずしさ

 ファンクラブツアーに続き、彼らは2年半ぶりのシングル「足音~Be Strong」をリリース。この楽曲は初のセルフプロデュースとなった。2015年にはアルバム発売に先駆けたアリーナツアーを開催。前代未聞の試みは、ミスチル自身の若々しい活力がみえる。もちろん楽曲にも直に影響しており、まるでデビュー直後のようなみずみずしさを放つアルバムが完成した。

 疾走感と楽器隊のバランスの良い「fantasy」、しょっぱなからこれが来るとはどんなアルバムなんやと。グッドメロディにギターが鳴り響くイントロ。これが聴きたかった。ギターが主役のPOPソング「FIGHT CLUB」、楽器隊のヘビーでグルーブ感溢れる「I Can Make It」など、ここ何年か鳴りを潜めていたギターが効果的に響いている楽曲が多い。

  Point 2 全ての球種を出し尽くす

 {Naked}と{Drip}の2つの形式で発売した狙いは、ミスチルの「全て」を聴きたい層と、「選りすぐり」のアルバムとして聴きたい層と対象を分けることだろう。

 {Naked}には、いろんなタイプの楽曲を収録している。前述以外にも、ロシア民謡っぽさが癖になる「斜陽」、大人っぽく甘美な「蜘蛛の糸」、初期っぽく甘酸っぱい「運命」、これまでにないような「You make me happy」「Jewelry」など。特にふれておきたいのは「WALTZ」。ダークな雰囲気と、攻撃的なギターリフが堪らない。間奏では、某洋楽ロックバンドMUSEっぽいサウンドが。これは影響受けてんな…笑

 もちろん得意技のミドルテンポ+グッドメロディコンボも。「進化論」はGt.田原さんの味のあるギターもいいスパイスになっている。そして「遠くへと」「I wanna be there」はホントにいい。褒めてばっかりでろくなレビューになってませんね笑

 

Point 3 そして必殺のキラーチューンを

なにより、このアルバムには歴代でも屈指の名曲があとに控えている。前述の「fantasy」、「足音~Be Strong」に加え、ライブでこれから重宝されそうなウキウキのポップソング「幻聴」、難産の末に彼らが完成させた「Statting Over」。「幻聴」は、シンセサイザーとリズム隊がグイグイ活躍している楽曲だ。特にサビに向けての高揚感が堪らない。そして「Starting Over」は、ストリングスを上手く取り入れつつギターを打ち消していないバランスの良さ、そして得意のドラマティックなメロディ。

 これだけでも既に大満足だが、ラストを飾るのは「未完」。こんな曲は今までなかった。綺麗に整っていない、アレンジもむき出しで荒々しい感じだ。Vo.桜井さんの魅力の一つは、楽曲ごとに合った歌い方を選ぶところで、時には叫ぶことすらいとわないのだが、この楽曲に関してはもう叫びっぱなしだ。自分たちを示してか「未完」と名付けるところも、にくい演出だ。

 

 会心の一作は、まさにこれまでの集大成といえる作品で、長いキャリアを誇りながら、確実に最高傑作のひとつとして数えられるはずだ。(正直このアルバムが気に入らなければミスチルは合わないと判断していいくらい)果たしてこれを受けて次回作はどうなるのかと(作れるのかと笑)、ファンとしても気になるが、そこはミスチル。アルバム発売後もスタジアムツアーを大成功させると、若手からベテランまで様々なバンドと対バンに臨んだり、今年にはこれまでないような小さなキャパのホールツアーを行うなど、まだまだ精力的に挑戦し続けている彼ら。新曲も披露しているということで、ますます楽しみです。邦楽のド真ん中に立つのは間違いなく彼らだ。

 (長々とレビューしてしまいました。全文読んでいただいた方は本当にありがとうございます。)

 (※は{Drip}版には未収録)

  1. fantasy ★☆
  2. FIGHT CLUB 
  3. 斜陽  ★☆
  4. Melody 
  5. 蜘蛛の糸 
  6. I Can Make It ※ 
  7. ROLLIN'ROLLING ~一見は百聞に如かず ※ ★☆
  8. 放たれる ※ ★☆
  9. 街の風景 ※ ★☆
  10. 運命 ※ ★☆
  11. 足音~Be Strong ★☆
  12. 忘れ得ぬ人 
  13. You make me happy ※ 
  14. Jewelry ※ ★☆
  15. REM 
  16. WALTZ ★☆
  17. 進化論 
  18. 幻聴 
  19. Reflection(インスト曲)
  20. 遠くへと ※ 
  21. I wanna be there ※ 
  22. Starting Over 
  23. 未完 ★☆

     

     

     

    REFLECTION{Drip}初回盤

    REFLECTION{Drip}初回盤