音楽紀行(アルバムレビュー)

邦楽、洋楽問わず聴いたアルバムのレビューを。あと、いい音楽を見つけるツールにも。

花澤香菜 live 2017 "Opportunity" @オリックス劇場

UKサウンドにのせて

 声優としても活躍する花澤香菜さんの4thアルバム「Opportunity」を引っ提げた全国ツアー。その大阪公演に参加してきました。会場であるオリックス劇場は、本町駅から徒歩10分程のところにあり、すぐそばには公園もありました。

 

Topic 1 初めての空間

 これまでロックバンドなどのライブばかり行ってましたので、今回のようなある意味アイドル的人気も非常に高いアーティストのライブは初めて。観客席を様々な色のペンライトが染めてるのは、先日参加した某コールドプレイのライブともまた違って壮観でした。ライブにはあまり慣れてないような方も多そうでしたが、みんなで盛り上がっていこうという雰囲気がいい感じですね!

Topic 2 効果的な舞台演出

 席はかなり前のほうで、めっちゃ近いやん!と思っていると開演。楽曲を演奏するのは北川勝利さん率いるディスティネーションズ!!ギター×2、ベース、ドラム、キーボード、サックス、トランペットと盤石の7人体制で素敵な音楽を奏でます。

 そして、!舞台中央に設置された階段と扉には、イギリスの風景などをプロジェクションマッピング映し出されると、いよいよお待ちかね、われらが花澤香菜さんの登場!真っ白なドレスがとてもきれい!!うわーアニメで聴いてたあの声優さんがこんなに近くに!と僕も興奮。会場も興奮。

 

Point 1 UKサウンドが響く

 「スウィンギング・ガール」そして、イギリスの偉大なロックバンSimply Redのミック・ハックネルが作曲したという「FRIENDS FOREVER」と、今作のテーマであるUKサウンドを意識した楽曲でスタート。サックスやトランペットの音色がこれまた素晴らしいです。

 順番は左右するが、「カレイドスコープ」や「滞空時間」、「星結ぶとき」など、花澤さんの素敵な歌声を後押しするようにバンドの卓越した演奏が光る。

 

Point 2 ライブで進化する楽曲

 秦基博の作曲した「ざらざら」は、楽曲イメージに沿った夕暮れイメージの映像と共に届けられ、このライブでの感動のハイライトとなった。ライブにおいても花澤香菜さんの唯一無二の「声」という武器は抜群に発揮されてますし、こういった王道のバラードは素敵に響きますね。

 「Marmalade Jam」の後には、花澤さんの衣装替えの間に、ディスティネーションズによるソロコーナーと、これでもかと観客に声を張り上げさせたコールアンドレスポンスだ。びっくりするぐらいの一体感でみんな汗だく声は枯れながらボルテージが増していく。

 各楽曲はところどころアレンジされており、また音源とは違った魅力を見せていました。本編ラストの「Blue Water」は、クラムボンのミト作曲による、EDMテイストも入ったこれまたすんげえ曲なんですが、力強いドラムの勢いなどに乗せられて、「これEDM系のライブだったっけ?」と思うくらい会場中が揺れていました。

 

 アンコールでは、レア曲の交えつつアーティストデビュー曲である「星空☆ディスティネーション」もしっかりやって、会場をもうひと盛り上がりさせたまま終了。ダブルアンコールでの「恋する惑星」も飛び出した、ほんとにお腹いっぱいです。また良いアルバムをひっさげてツアーに来てほしいな、と素直に思える素敵な2時間半でした。ありがとうございます。 

 

 あと余談ですが、「雲に歌えば」の振り付け、すごく可愛かったしMCでの言い間違いも可愛かったです、こればっかりは会場にいた人しか分かりませんでしたが。以上テンション高めでお届けしました・

 

セットリスト

1.スウィンギング・ガール

2.FRIENDS FOREVER

3.滞空時間

4.カレイドスコープ

5.透明な女の子

6.Opportunity

7.ざらざら

8.あたらしいうた

9.星結ぶとき

10.Marmalade Jam

11.brilliant

12.雲に歌えば

13.FLOWER MARKET

14.Seasons always change

15.Blue Water

アンコール

16.Young Oh! Oh!

17.CALL ME EVERYDAY

18.星空☆ディスティネーション

Wアンコール

19.恋する惑星

Opportunity(初回生産限定盤) (Blu-ray Disc付)