音楽紀行(アルバムレビュー)

邦楽、洋楽問わず聴いたアルバムのレビューを。あと、いい音楽を見つけるツールにも。

「If Love Is A Law」と「Dead In The Water」和訳&考察

「If Love Is A Law」和訳

Here am l

ここさ
I'm high up on a ledge

僕は岩礁の上高く、
I'm standing on the edge of night

夜の淵に立つ
In a lonesome town

寂しき街に
Where love has been and gone

愛する君の姿はなく
I'm waiting for the storm to come back

僕は待つ、嵐がまた来て
And take me down

僕を連れ去ってくれるのを
The things I left unsaid

口にできなかった言葉が
Were lying on the bed

ベッドの上に転がっていた
Right next to the face you wore

顔をしかめる君を隣にしていながら…
When you left me on my one

そして君は僕のもとを去り
Now I'm up here on my own

僕は今ひとりここにいる
And I must say…

だからこう口走るほかない…
(※)I didn't come here to make up your mind

君に別れを決心させるためにここに来たんじゃない
But, I do believe that you were wasting my time

でも、君はそんな僕との時間を台無しにした
There's no more tears left to cry myself blind

いっそ我を忘れて泣きわめきたくても、涙はとっくに涸れてしまった
If love is the law then this is a crime

もし愛のあるべき形が法律で決まっていたなら、この別れは罪だろう

 

Memories

思い出は
Forever set in stone

僕の中に永遠に刻みつけられている
When all is said and done

結局思い返すと、
They're just like the falling leaves

とりとめのない落ち葉のようなものなんだけれども
That you gather in your head

君の頭の中にも降り積もっているはずさ
When the sun's about to set

日が沈もうとする最中に
I sail out on stormy seas

僕は荒れ狂う海原へ漕ぎ出す
But, I cannot find the shore

でも君のいる向こう岸は見当付かず
Can't hear you anymore

君の声だって一切届かないのだから
And there's nothing left for me

僕には何も残っていない
I'm lying broken on the glass

僕は粉々になったガラスの上へ横たわる
And this ship's about to crash

この船は今にも難破するだろうから
And I must say…

こう口走るほかない…

(※)繰り返し

 

「Dead In The Water」和訳

…For the shore

…君のいる向こう岸へ向かう
As the night is slipping through my hands

僕の両手から夜陰は滑り落ち
l fall into the sea

僕は海へと沈んでいった
Like the empire built on the sand

砂上の楼閣であるかのような
I've been thinking 'bout the days 

あの日々を僕は思い返していた

When we had no money

僕らが一文無しだったあの頃
That photograph of you

あなたのあの写真
Well it still seems funny

今みてもおかしく思える
Gotta get back to the promised land

さあ、約束の場所へと辿り着かないと…
(※)So don't walk away love

だから愛する君よ行かないでくれ
There's never enough
That could make me crash
On the broken glass

粉々になったガラスへと倒れ込むにはまだ早い
Let the storm rage

嵐が吹き荒れたって構わない
I'd die on the waves

僕は波に飲まれて息絶えるかもしれない
But, I will not rest

それでも僕に安らぎは訪れない
While love lies dead in the water

水の中で君との愛が消えてしまわぬ限り
Dead in the water..

水の中で息絶えていく…


I'm waiting for the calm

僕は嵐が静まるのを待っている
As the storm is getting under my skin

心までも嵐に翻弄されながら
I'm trying to fix the hole in my head

僕はぽっかり空いた頭の穴を懸命にふさぐ
Where the rain gets in

雨がそこへ降り注ぎ
It's dripping in my ear

耳へと滴り落ちてくる
And it don't sound funny

それは間抜けな話じゃない
I'm gonna take you out

僕はきっと君を連れ出す
When I get some money

少しお金を手に入れたら
We're trying to get it back to the promised land

僕らは約束の場所へと辿り着かないと…

(※)繰り返し

 

 この2つの歌はNoel Gallagher′s High Flying Birdsの新作「Who Built The Moon ?」に収録されている2曲である。

 本作は「まるで映画である」コンセプトアルバムでもあるが、愛について歌っている歌詞についても注目して聴くとまた素晴らしい。

 紹介したこの2曲は世界観が同じものだ。「If Love Is A Law」で「僕」は愛する君との別れを嘆き、海の向こうにいる彼女を追って海原へと漕ぎ出す。

「Dead In The Water」では、荒れ狂う海に沈み、水中で今にも息絶えようとする中、彼女への愛情を確認し、2人の「約束の地」へと思いをはせる。

 美しくも儚い世界観です。

 

 

 

フー・ビルト・ザ・ムーン?(初回生産限定盤)(DVD付)

フー・ビルト・ザ・ムーン?(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

 メロディに乗せてここまで儚い愛について歌ってみせたノエル、惚れてまうやろ~というオチ。