音楽紀行(アルバムレビュー)

邦楽、洋楽問わず聴いたアルバムのレビューを。あと、いい音楽を見つけるツールにも。

轟音に溺れる

RIDE JAPAN TOUR 2018 @なんばHatch

 2014年に再結成を果たした後、昨年には新作アルバム「Weather Diaries」をリリース、今年に入り新EP「Tomorrow's Shore」も出したばかりのRIDE待望の来日ツアー、その大阪公演を見ました。いや~轟音と瑞々しいメロディ、堪能させていただきました。ごちそうさまです。

Topic 1 変わらぬメロディの輝き

 彼らの新作「Weather Diaries」は20年ぶりのアルバムながら、1stアルバム「Nowhere」の頃と変わらないメロディの美しさがあり、しかし決して焼き直しじゃないそれぞれ個性を持った曲が並んでおり、ライブで聴けるのがとても楽しみでした。

Point 1 より力強いアレンジ

 いざライブが始まるとそうした期待を超えるような、よりエネルギッシュなアレンジで繰り出される新曲の数々!

 「Lannoy Point」「Charm Assault」とド頭から披露された2曲は、「Whether Diaries」でも冒頭の2曲として収録されるが、アンディ・ベルの弾くギターがよりノイズがかっており、そのエモーショナルなアレンジは堪りません…。明らかに音源より気持ちいい。

Point 2 これぞシューゲイザー

 最新EPからも「Pulsar」「Catch You Dreaming」が披露されつつ、新旧混ざり合う形で「Seagull」「Twisterella」など名曲が並び、会場も大盛り上がり!

 マークガードナーがMCで「20年くらい前にも大阪にライブしに来た。そこにいた人いる?どこの会場だったっけ?」などと昔を振り返る一幕も。

 「Dreams Burn Down」は自分がRIDEを好きになるきっかけになった曲の1つでもあり、イントロの突き抜けるようなギターのメロディは本日一番の昇天ポイントでした!

 本編ラスト「Drive Blind」はまさに圧巻。しゃがみ込みひたすらギターのノイズを操るアンディや、豪快にドラムを叩くローレンス、もくもくとベースラインを弾くステファン、ギターを熱くかき鳴らすマーク。彼らにより何分もの間「音の洪水」が会場へと降り注ぐのが本当に気持ちいい。轟音に身を預けながら無心で揺れていると、息もするのも忘れていてまるで音の洪水に溺れるかのようでした。会場を塗りつぶすかのような彼らの演奏とは対照的に、淡々と演奏に没頭する彼らの姿はまさしく「Shoegazer(靴を見つめる人)」であり、2重の意味で「これがシューゲイザー…」と実感しました。

 アンコールでも「Polar Bear」や「Chelsea Girl」など人気曲に会場もひとしきり盛り上がったまま終演。永遠にあの轟音を浴びていられたら、いかに幸せだろうか…なんて考えながら、もうしばらく余韻に浸ります。

 

(Setlist)

  1. Lannoy Point
  2. Charm Assault
  3. Seagull
  4. Wheather Assault
  5. Taste
  6. Pulsar
  7. Catch You Dreaming
  8. Twisterella
  9. Dreams Burn Down
  10. Cali
  11. Time of Her Time
  12. Lateral Alice
  13. All I Want
  14. Ox4
  15. Vapour Trail
  16. Drive Blind
  17. White Sands
  18. Leave Them All Behind
  19. Polar Bear
  20. Chelsea Girl

 

Tomorrow's Shore [12 inch Analog]

Tomorrow's Shore [12 inch Analog]