音楽紀行(アルバムレビュー)

邦楽、洋楽問わず聴いたアルバムのレビューを。あと、いい音楽を見つけるツールにも。

「声」を届ける仕事

花澤香菜Blue Avenue」 総評★☆

 良い音楽はどこに転がっているか分からない。誰が言ったんだか分からないこの言葉を、僕はけっこう大事にしている。よく洋楽厨だとかロキノン厨だとか言われる存在もあるように、自分の好きなジャンルのみにのめり込む音楽ファンも多い(というかそういうほうが大多数)が、個人的にはアンテナを広げて多くのジャンルからたくさんの「エエ曲」を見つけ出したいのだ。今回は、声優としても活躍する花澤香菜さんの3rdアルバム「Blue Avenue」を紹介したい。軽んじるなかれ、これがまたパワフルな作品なのだ。

Topic 1 音楽的ポテンシャルの高いアルバム

 余談だが僕の悩みを聞いてほしい。好きなジャンルを広げた結果、趣味がバッチリ合う音楽ファンがなかなか周囲にできないのだ。

 邦楽ならミスチル筆頭にポップバンドもよく聞くのだが、困ったことにロキノン系バンドファンや硬派な洋楽ファンには怪訝な顔をされる。Jazzやフュージョン系を聴いても、ロック好きの若者の多くとは話が合わない。某TSUTAYAにてファンク系のアルバムとアイドル・アニソン系のアルバムを借りに行った際の、店員の「アイドル系とアニメ系を借りるのをごまかすために、わざわざおしゃれっぽいアルバム上に重ねてるよこの客(失笑」という視線にはもう慣れっこだ。(ひどい被害妄想だ)

 声優・花澤香菜のアルバムを紹介するにも、やはり他ジャンルの音楽ファンは少なからず壁を作ってしまうのも、当然であるが、それがもったいないことであると声を大にして言いたい。今回の彼女のアルバムは、多くのジャンルのファンに「刺さる」楽曲のオンパレードなのだ。

Topic 2 声優としての人気を武器に、やりたい放題の作曲陣

 彼女は、既にアニメ界では断トツの人気を誇る声優である。近年では声優さんがアーティストとしても活躍するケースも多いが、そういった場合多くは、既にファンを多く持っており、良くも悪くも一定の水準に達していれば曲は売れる。今作に関しても花澤香菜の人気さがあってこそ「音楽性の挑戦」が実現している。

 

Point 1 声がいろんな表情を見せる

 もちろん、主役は花澤香菜の声である。透明感のある声質が、楽曲を他とは違う唯一無二の存在へ引き上げている。声優としての大きな武器を彼女は十二分に発揮する。まず発声がきれいで歌を聴き取りやすい。歌詞が、そのまま繊細な言葉として届く。これはボーカルとして強い。そして声の表情がぱっと変わるのだ。曲に寄り添って、最適の表現を選択する彼女の技術が、声と楽器との調和を深めている。

 さて、一曲目の「I LOVE NEW DAY!」からこのアルバムがどんなものなのか物語っている。ホーンセクションを始め、安易な打ち込みを用いず楽器隊がいきいきとしている。主役の声だが、この曲ではかわいいほうに振り切らず聴きやすさを重視しているように思う。そして間奏は早くも楽器隊のソロパートのオンパレードだ。おしゃれである。「Nobody Knows」では、バリバリのJazz臭い一曲だ。この曲はもう軽快なドラムが支配している。アルバム全体を通して言えるがやはり楽器の音作りや音質がいいのだ。主役はボーカルだが、決して楽器が脇役じゃない。矛盾するようだが実現しているのだから仕方ない。順序が飛ぶが、終盤の「君がいなくちゃだめなんだ」は、声の表現の真骨頂である。息の吸い方、吐き方、言葉の発し方からすべてを計算して歌っている。冒頭の「明日会えたら」の「あ」のかすれさせ方だけで、既にこの曲が必殺のバラードへと昇華されてしまった。(シングル曲については音質も良くなっているらしいです。シングル未所持なので未確認ですが)

Point 2 ジャンルを問わない幅広さ

 ボーカルの表現力を糧に、幅広いジャンルの楽曲を並べることに成功している。アコギのアルペジオとストリングスが効いたマイナー調の「Trace」、歌謡曲の香りが気持ちいい「Night And Day」もかっこいい。間奏のナンバーカウントは可愛くてファンも必聴だ笑

 「We Are So in Love」のイントロを聴いてほしい。まんまフュージョン調のギターがイカす。もちろん間奏も同じくである。変わって「プール」は、異色の挑戦作だ。ピアノとシンセっぽい音がメインを務め、間奏ではアコーディオンのソロがあるこの曲は、椎名林檎が歌ってても違和感ないような甘美な雰囲気が漂った怪作だ。

 

 普通のアーティストとは比べられないくらい、このアルバムはジャンルに縛られていない、そういう意味で異色であり、どうしても言葉で表現しきれない部分もあるが、是非とも多くの音楽ファンに、実際に手にとって聴いてほしい。そしてあわとくば僕のような雑食系音楽好きの輪が広がるように…笑

 

  1. I LOVE NEW DAY ! 
  2. ほほ笑みモード 
  3. Nobody Knows 
  4. ブルーベリーナイト ★★
  5. Trace 
  6. こきゅうとす ★☆
  7. Night And Day ★☆
  8. タップダンスの音が聴こえてきたら 
  9. We Are So in Love ★☆
  10. プール ★☆
  11. Dream A Dream 
  12. マジカル・ファンタジー・ツアー 
  13. 君がいなくちゃだめなんだ 
  14. Blue Avenue を探して ★☆

     

    Blue Avenue

    Blue Avenue