読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽紀行(アルバムレビュー)

邦楽、洋楽問わず聴いたアルバムのレビューを。あと、いい音楽を見つけるツールにも。

本当のアルバム完成形

Coldplay 「Ghost Stories Live 2014」  ★★★★☆

 コールドプレイ6枚目のアルバム「Ghost Stories」は、世界中にその名を轟かせたVIva la Vida を含む4thアルバム、ポップさに振り切ったカラフルな5thアルバムときた流れからは想像できない作品だった。多くのファンが戸惑いを隠せなかった6thアルバムだが、今回はそのライブCDをあえてレビューしたい。

Topic 1 モノクロの世界

 「Ghost Stories」は、前作のカラフルさから一転して、一貫したモノクロ調のコンセプトアルバムだ。Vo.クリスマーティンの妻との別離がどうみても影響した作品だ。モノクロ調の作品と言えば、コールドプレイ最高傑作(と個人的にみなしてる)2thアルバム「静寂の世界」が思い浮かぶが、あの作品がピアノやギターなどを用いて時にその激情を表現していたのに対し、今作ではエレクトロ系のアプローチで努めて欝々とした沈み込むような感情を表現している。

Topic 2 寄り添いやすい作品

 とこのように書くと、とっつきにくい作品だと誤解されやすいが、実は寄り付きやすい作品なのだ。これまで、特に前作ではスケールの大きい音楽で、これぞ世界のビッグスターといった作品だったのだが、前述のとおり今作は離婚を経て、悲しみ嘆く男の作品だ。それはもうちっちゃい。ミニマムなのだ。そして、その誤解を解くべく、ライブCDを一度聴いてほしいのだ。

Point 1 ライブの雰囲気

 スタジアムアーティストであるコールドプレイでしたが、今作の作風に合わせホール級の比較的小さな会場でライブが行われました。客との距離感がいいし、演奏するバンド側も肩の力が抜けた感じでアルバム以上に暖かい雰囲気が演奏やアレンジに現れています。

 軽快なナンバーである「Ink」、大げさに盛り上げるようなアレンジでなくても観客との掛け合いもあり、ライブでもベストアクトなんじゃないかと。

 そして、溜めて溜めての「A Sky Full Of Stars」。アルバムでも沈み込んでからの解放感が半端ないんですが、ライブでは観客の爆発的な反応をあいまって、クライマックス感がすごいです。

 

 観客との距離感が近い中で演奏されて、初めてこの「Ghost Stories」は完成したのではないかと思います。このライブを一度聴いたうえで、もとのアルバムを聴いた時の理解の度合いは全然違います。そして、つらいときに寄り添ってくれるような大切な作品になってくれると保証します。隠れ名作だやっぱ。

  1. Always In My Head 
  2. Magic ★☆
  3. Ink ★☆
  4. True Love ★☆
  5. Midnight ★☆
  6. Another's Arm 
  7. Oceans 
  8. A Sky Full Of Stars ★☆
  9. O 

     

    Ghost Stories Live 2014

    Ghost Stories Live 2014

     

     

     

    Ghost Stories

    Ghost Stories