音楽紀行(アルバムレビュー)

邦楽、洋楽問わず聴いたアルバムのレビューを。あと、いい音楽を見つけるツールにも。

Mr.Children「himawari」全曲レビュー!!

Mr.Chldren「himawari」

  先日の25周年ツアーライブでいち早く届けられた「himawari」

私も一聴しただけで、ここ数年で一番好きな曲だって断言できるし、もしかしたら最高傑作なのかもしれない、なんて思えるくらいの会心の楽曲でした。ようやくCDでも聴けるということで…期待せずにはいられない!!

※CD、DVD共にネタバレ含みますので、CD買う方は先に聴くことをおすすめします!

(聴いた方なら言いたいこと、分かりますよね?笑)

1.himawari

 映画「君の膵臓をたべたい」の主題歌にも起用され話題ですが、僕はライブで初めて聴いて、グッと心臓が握りこまれた。「心をつかまれた」では足りないくらいにエモーショナルだったのだ。ライブでの演奏では「もう歌声埋もれてない?」ってくらいギターやドラムが大暴れしてる。ありそうでなかった、ミスチルの新基軸か。

 こんなアレンジが聴きたかったファンも多いに違いない。「しるし」以来、恵まれたメロディセンスから幾多の名バラードを生み出してきたものの、やっぱりストリングス一辺倒なアレンジばかりだと何というか物足りなかった。いつも手が込んでいて精巧かつ甘い和菓子みたいなものは、そりゃ一品一品綺麗だし美味しいし大満足なのだが、下手な話いつもいつもスイーツばかり食べてはいられない。恋に焦がれる少年少女だって時にはがっつり焼き肉食べたいもんだ。暑苦しいってくらい熱量を帯びた楽器隊に、さらりとストリングスが差し込まれてるのが、いい清涼剤になってて気持ち良い。

 一転、歌詞に注目しよう。歌詞からは「優しさの死に化粧」なんていう必殺のキラーセンテンスも挟みつつ強い感情と影の部分もちらつかせつつ、初期のころの甘酸っぱい雰囲気も匂わせてる。「そんな君に恋してた」なんて言って、シンプルにオトす。

 ああ心憎い。メロディラインと歌詞は甘酸っぱい感情が表れているのに、一方では楽器の演奏やアレンジや陰の部分を示唆する歌詞の一部からは、激しい感情が表れている。ライブで桜井さんが言っていたように、様々な感情が混然一体となって渦巻いてる。それなのに素敵な曲として成立してる。このバランスのさじ加減が絶妙。とにかくこの曲を聴いて、そして全国ミスチルファンと小3時間くらい話していたい。至高の一曲。

 

ここからは、前作より始まった贅沢なライブ音源コーナーである。

2~4曲目はホールツアーファイナル三重公演、5曲目は横浜アリーナでの音源。

2.メインストリートに行こう(Hall Tour 2017ヒカリノアトリエ

 なかなか初期の楽曲がライブでこれまでなかなか披露されなかったのは、ドームやスタジアムといった広い会場に向かなかったからだろう。だからこそホールツアーではこういう曲が生きるんだなあと。25周年を迎えてなお、みずみずしさを取り戻した感のある演奏。そしてファン必見のメンバーによるコーラス(ワンフレーズ)を聞き逃すな!笑

3.PIANO MAN (Hall Tour 2017ヒカリノアトリエ)

 ヒカリノアトリエでの編成は「HOME」の各楽曲とすごく親和性があると思わせる一曲。というのは、アルバム全体がホームメイドというかあえて色んな楽器を用いて暖かい曲調を支えようっていう意図が見えるからだ。去年ライブで聴いて曲の魅力に改めて気づかされた。アレンジ過多にならず、上手くコンパクトに収められてる優しい演奏。手のひらサイズ?ポケットサイズ?的な感じ。

4.跳べ(Hall Tour 2017ヒカリノアトリエ

 待ってましたああああああああああああ!!前のシングルでの「CANDY」新録、「ランニングハイ」に続き、「I♥U」からの一曲。

 「日本中がみなみのもんた」とか凄くヘンテコな歌詞に、「跳べ」っていうタイトル、ライブでも絶対ぶちあがるのに全然ライブでやらないなあ、とずーっと思ってたので、ようやくのお披露目に大興奮ですね。

 意外だったのが、ホール公演ということで結構アレンジがシンプルになってて、でもホーン隊が効いててお祭り感もある。人懐っこい、口当たりのいいアレンジになっております。皆さまいかがでしょうか?おすすめ。

5.終わりなき旅(2017.4.23 YOKOHAMA)

 この曲に関しては、語れる部分ってのは少なくて、もう実際に聴いてもらうしかない。特別アレンジを施してるわけじゃないけど、なるべく不要なものは取り除いてソリッドに、メンバー4人の演奏がより肉体的に感じられる?といえば良いだろうか…。今のMr.Childrenがどんな熱量を持っているかが、ひしひしと感じられる。あえて「ONE OK ROCK 2017 "Ambitions" JAPAN TOUR」での客演を収録したあたりにも、メッセージ性が込められているかなと。

 

 

6.忙しい僕ら

 2015年あたり、未完ツアーに回っている間に制作された曲だが、こちらはいい意味でカップリング的な1曲。ここ最近のシングルにはあんまりカップリングらしい曲がなくて(Melodyくらい?)、だからこそいい意味で力の抜けた演奏は心が落ち着きます。アレンジもまた少しヒカリノアトリエでのものと趣向が変えられています。

 

「25」秒で、タイトル「I LOVE CD SHOPS!」という空トラックを挟んで…

7.Secret Track 

 というわけで薄々期待していた通り、今回もございます。しかしその内容がまた斜め上!!ブックレットで歌詞を見ながら聴いていたのですが、ペラペラめくったら最後のページにスガシカオさんがクレジットされてたんですよ。おかしいなーおかしいなーと思っていたら…(稲川淳二っぽく)

 なんと、5月6日にさいたまスーパーアリーナで行われた「スガフェス!」での演奏から、スガシカオを迎えての「ファスナー」が!!

 スガシカオをイメージして作られたこの曲、以前にも一緒にやったことがありますが、まさかここに収録するとは…。アレンジがよりファンクっぽくてスガシカオ感マシマシで収録してくれてとても嬉しい限り!

 スガシカオさんが、「嬉しい!ミスチルの演奏で歌ったよー俺!」とお茶目に喜ぶ一幕で締められているのも笑えました!スガさん、ミスチルのシングルにも登場できましたよ?

 

 ここからDVDの内容に。

 ところで購入された方はDVDディスクの裏面を見逃さないでください!

細かなところにも素敵な工夫がありますね。こんなとこからも、CDを手に取って聴くことの嬉しさというか良さを感じさせてくださります。

Chapter 01. Documentary Of himawari

 「himawari」が誕生した瞬間から、完成するまでの道のりが余すところなく収録されてます!

 去年の9月、ホールツアー中に誕生して、今年初めからの収録。

 桜井さんが「オーガニックすぎるからもっとラウドに。」とアレンジ方向を示して、メンバー4人でスネアドラムの響きを変えたり、ギターをパワーコードにしたりと、試行錯誤して楽曲が完成していった過程が見れるのはとても面白いです。楽器してる方はより面白く見られるかも。

Chapter 02. 君がいた夏(25th Anniversary Day -2017.5.10 NAGOYA-)

 こちらは25周年の記念日でのライブから、特別に披露された「君がいた夏」です。原曲に忠実なアレンジ「ひまわりの坂道」なんて歌詞から、最新曲とこのデビュー曲とを比べて聴くのもまた一興かと。今の編成でやるからこそ、温かくて若々しい雰囲気が蘇ってきますね。今のツアーでも一度くらいは披露してほしい。

 

以上と、まあ毎度恒例ミスチルオタによる大興奮のレビューでした!皆さまも是非一聴を!!

himawari (初回生産限定盤)(CD+DVD)