音楽紀行(アルバムレビュー)

邦楽、洋楽問わず聴いたアルバムのレビューを。あと、いい音楽を見つけるツールにも。

熟練

ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2018「BONES&YAMS」@KBSホール(18.07.19)

 友人に誘われてさくっと見に行きました、アジカン。アルバム曲やカップリング曲まで全て網羅してるほどのファンではないのですが、以前アリーナツアーで見たライブが素敵で、今回も行ってみようと思い、これが大正解。

 「荒野を歩け」は前に自分でもバンドでコピーしたことがあったのですが、もう段違いに演奏が良くて(当たり前だ)ライブが進むにつれ「アジカンってこんなにうまいバンドだったんだ…。」と圧倒されました。派手なフレーズとかでなく、どのパートも隙がない感覚は、海外のアーティストであってもなかなか感じられないもので(ライブハウス規模の会場だったおかげもあり)骨の髄までバンドの底力のようなものを鑑賞し尽くしました。

 個人的に聴いて感動したのは、「サイレン」無限グライダー」の2連続。特にサイレンはバンドの実力がこれでもかと発揮されて、どうなるか分からない緊張感ある曲の展開に引き込まれました、今回のライブのハイライトでした。

 オープニングアクトを務めたNick MoonとやったRadioheadのカバー「High&Dry」もびっくりしましたが、素敵な演奏でした。思わず口ずさんでしまった…笑

 ライブから今のバンドがすごく状態が良く活き活きとしているのが伝わってきました。いよいよ出るニューアルバムも期待せずにはいられないなあ、と感じました。

 

セットリスト

  1. Right Now
  2. エントランス
  3. 荒野を歩け
  4. 白に染めろ
  5. 極楽寺ハートブレイク
  6. ロードムービー
  7. サイレン
  8. 無限グライダー
  9. 永遠に
  10. ノーネーム
  11. 未だ見ぬ明日に
  12. 架空生物のブルース
  13. 生者のマーチ
  14. 夜を越えて
  15. サイエンスフィクション
  16. 融雪
  17. Re:Re:
  18. Standard / スタンダード
  19. ワールド ワールド ワールド
  20. 新しい世界
  21. High and Dry (with Nick Moon / Radiohead cover )
  22. 君の街まで
  23. ブラックアウト
  24. 今を生きて

 

ボーイズ&ガールズ(初回生産限定盤)(DVD付)

ボーイズ&ガールズ(初回生産限定盤)(DVD付)