音楽紀行(ライブレポ、アルバムレビュー)

行ったライブの感想や聴いたアルバムのレビューを。いい音楽を見つけるツールにも。

明日サマソニなので訥々と楽しみなアクトを挙げる

 3日間みっちり楽しみ尽くす予定のサマソニ。楽しみにしているアーティストは数多くいる。

 

 

 1日目まず楽しみなのはAlec Benjamin,Sam Fenderだ。サマソニが若手有望株を大ブレイクに先駆けてブッキングすることは去年のBillie Eilishから、もっと遡れば初年度のColdplay,Muse,Sigur Ros等々挙げれば言うまでないが、今年においてその枠に入る候補筆頭はこの2人だと思う。

 Weezerも楽しみだ。4つのコードで人を虜にする魔法、別名「Say It Ain't So」を絶対聴きたい。

 そして今年一番のお目当て、The 1975だ。今さら語るまでもない、全神経と細胞を60分余りのライブに集中させたい。

 ミッドナイトではMGMTが80分フルセットで楽しめる、深夜という時間ロケーションが堪らなくマッチする予感しかしない。

 

2日目は凄まじいメンツだ。タイから来るTelex TelexsやPhum Viphuritあるいは日本のCHAIなど世界に羽ばたくアジア圏のアーティストが数多く見られそうだ。

 そしてソニックステージではTash SultanaとFoalsが楽しみだ。どちらも味は違うがライブでの切れ味はとんでもないはず。

 最後に見たいのはずっと大好きなレッチリ。入場規制はかかってほしくない。かかったらソニックステージでCatfish and the Bottlemenが見れるのでそれはそれで安心。

 ミッドナイトも盛りだくさん。来日公演も大好評だったThe Cinematic Orchestraや、新譜がすごくすごく良かったサカナクション。起きていられればFloating Pointsも楽しみたい。

 

サマソニ3日目はいまだにどれを見るか決められないくらい良いアクト揃いだ。

 Suchmos,Perfumeはしっかり見たい。Prep,Octavianをどっちも見たいし、やはりBrockhamptonは必見だ。(この文章を書いている当日には単独公演にも行く)

 18時以降の各ステージ準トリが出始める時間帯は、どのステージをとっても楽しめる自信がある。マウンテンステージではChvrches,Disclosureが、ソニックステージではFlumeが見たいし、マリンステージのZedd,The Chainsmokersの流れは白眉だろう。そのなかでも夕暮れのビーチステージでFKJのライブというのは、一生ものの時間になるのではないかと期待している。この日については何を見るのか結論を当日に先伸ばししてもよかろう。

 

今年のサマーソニックに行かれる方々、あるいは今年より始まる中継を自宅で視聴する方々は、何を見る予定だろうか。いずれにしても、それぞれにとって素敵な時間になりますように。

Everything Not Saved Will Be Lost Pt.2