音楽紀行(ライブレポ、アルバムレビュー)

行ったライブの感想や聴いたアルバムのレビューを。いい音楽を見つけるツールにも。

好きなバンドを見にタイへ行った話【前編】

「自由」と「多様性の祝福」 Summer Sonic 2019での鮮烈なライブを見た後、家に帰った私は「もう一度ライブ見たいなあ。」とつぶやいた。 それから約1ヶ月が経ち、気づけばタイ行きのチケットを片手に飛行機の搭乗口前に立っていたのである。「貯めてたバイ…

2019年上半期アルバムベスト

今年の1~6月にリリースされたアルバムの中から特に好きなものを10枚。選んでない作品でもたくさん素敵なものがありました!悩んだ~… 「I Am Easy To Find」/ The National 一番優しさや希望を自分の人生に与えてくれました。The Nationalは前作を好きになっ…

究極に気が早いサマソニ2021ラインナップ予想(という名の願望)

どうも。今年のサマソニを満喫して一週間が経ち、まだまだロスを引きずっている 毎日です。 さてフェスの後に毎度欠かさずやっていることが2つあって、ひとつは今年を振り替えること。見た中でどれが良かったなあとか、あれは見損ねてしまったけど次は見たい…

The 1975「People」 歌詞和訳&解釈

「People」/ The 1975 強烈な印象を与えたサマソニでのライブ、その興奮も冷めやらぬうちに来たるべき新作「Notes On A Conditional Form」からの新曲「People」が公開されました。前作、あるいはこれまでの楽曲からは想像だにできなかった激しい楽曲に多く…

サマソニでThe 1975を見て

The 1975のライブを見た今、なぜ1st,2ndアルバムの楽曲がより良く響くようになったのか。 Summer Sonic 2019東京1日目、時間は19時を過ぎたあたり。ボーカルのMattyが「いち、に、Fuckin' Jump!!」と合図したのと同時に大満員のマリンステージ、アリーナを埋…

明日サマソニなので訥々と楽しみなアクトを挙げる

3日間みっちり楽しみ尽くす予定のサマソニ。楽しみにしているアーティストは数多くいる。 1日目まず楽しみなのはAlec Benjamin,Sam Fenderだ。サマソニが若手有望株を大ブレイクに先駆けてブッキングすることは去年のBillie Eilishから、もっと遡れば初年度…

明日サマソニなので訥々と去年を振り返る

去年のサマソニは本当に最高だった。16年から行き始めたのだが、心からこのフェスを好きになったのはこのときだ。 金曜日に帰省先から飛行機で会場へ向かう。ホテルにチェックインした後、ふらふらと設営も最終段階を迎えた会場を散歩した。たしかマリンステ…

見逃せない!サマソニ2019「The 1975」編

こんにちは、いよいよサマソニまで2週間。フェスが間近に迫ってくると毎日本当にそわそわとしてしまいます。どれを見ようか四六時中考えたり…皆さんはもう当日どう動くか決まりましたか? 今年20周年を迎え3日間にわたり開催されるSummer Sonic 2019の出演ラ…

見逃せない!サマソニ2019「Tash Sultana」編

こんにちは、いよいよフジロックも終わりサマソニに向けて見たいアーティストの楽曲やアルバムを聴き返す日々を過ごしています。 今年20周年を迎え3日間にわたり開催されるSummer Sonic 2019の出演ラインナップから、毎回1組ずつおすすめのアーティストを紹…

見逃せない!サマソニ2019「Alec Benjamin」編

こんにちは、大熱狂のフジロックが終わりましたね。苗場まで行かれた方、おうちでまったり中継を見られた方、どのアーティストを楽しまれましたか?そして、もうすぐそこにSummer Sonic 2019の開催も迫ってきました。夏はやっぱり音楽好きには忙しい時期です…

見逃せない!サマソニ2019「Octavian」編

どうも、今年は冷夏かな?と思ってましたがフジロック開催時期あたりから一転酷暑になるみたいですね。フェスでの猛暑に耐え抜く身体を構築中です。 今年20周年を迎え3日間にわたり開催されるSummer Sonic 2019の出演ラインナップから、毎回1組ずつおすすめの…

月刊#新譜ジャケ聴き6月号

ジャケ聴きの楽しさを伝えつつ、まだ知らぬ音楽を読者に紹介する「月刊#新譜ジャケ聴き」6月号です。少し遅めの梅雨入り、どんよりしがちな気分が高まるような良いアルバムが今月もたくさん見つかりました!素敵なアルバムジャケにもご注目ください。 ①ジャケ…

見逃せない!サマソニ2019「Sam Fender」編

こんにちは。今年20周年を迎え3日間にわたり開催されるSummer Sonic 2019の出演ラインナップから、毎回1組ずつおすすめのアーティストを紹介しまいます。お目当てのアーティストはいるけど、他の時間はどのアーティスト見ようかなと悩んでいる方、知らないア…

2018年アルバムベスト

2018年も素晴らしいアルバムに多く出会えました。それは2018年のうちに聴いた分のみならず、年が明けてもなおいろんな作品を繰り返し聴いたり、新譜を引っ提げて来日公演に来たアーティストのライブを直接見たりして、より一層その魅力に気づいたものも多く…

ぼくのかんがえたレディオヘッドのさいきょうのセトリ

Summer Sonic2016以来となった来日公演、ツアー最終日はここさいたまスーパーアリーナで行われる。どきどきしながらアリーナ中ほどの位置で開演を待つ。 いよいよメンバーが登場。トムヨークが「こんばんは」と日本語で軽く挨拶すると会場を大歓声が包む。 1…

見逃せない!サマソニ2019「SIRUP」編

こんにちは。今回から不定期ですが、今年20周年を迎え3日間にわたり開催されるSUMMER SONIC 2019に出演が決まっているラインナップから、毎回1組ずつおすすめのアーティストを紹介していきたいと思います。お目当てのアーティストはいるけど、他の時間はどの…

月刊#新譜ジャケ聴き5月号

ジャケ聴きの楽しさを伝えつつ、まだ知らぬ音楽を読者に紹介する「月刊#新譜ジャケ聴き」という連載企画が始まります。↓企画趣旨など詳しくは創刊号を。 yamapip.hatenablog.com 自ら何の前情報無しにアルバムのアートワークのみを見て気に入ったものを選び…

月刊#新譜ジャケ聴き創刊号

「アルバムアートワークお好きですか?」 今や音楽にはアートワーク、通称「ジャケット」なるものが付き物ですよね。これまでの歴史を振り返っても、ジャケットが印象的な作品はたくさんあります。有名どころで言えば、「The Dark Side of the Moon」/Pink Fl…

"I Am Easy To Find"(A Film By Mike Mills)翻訳

The National の出した新作「I Am Easy To Find」はMike Millsにより制作された同名の短編映画と当時に制作され、内容が相互に関係し合っています。 このショートフィルムは全編セリフ無く字幕による説明で進行していく。その内容を知ることで映像がより楽し…

The 1975「Notes on a Conditional Form」の内容を今から予想しようぜ

去年The 1975がリリースした3rdアルバム「A Brief Inquiry Into Online Relationships(ABIIOR)」はファンのみならず多くの音楽好きを虜にしたとんでもない作品だったわけだが、続けて今年中に4thアルバム「Notes on a Conditional Form(NOACF)」のリリースが…

二色刷り

Pale Waves JAPAN TOUR 2019@Umeda TRAD Pale Wavesのライブを見ながら、私は「このライブって黒と赤だなあ…」と考えていた。演出に感化されて思ったことかもしれない。ライブの演出は一面真っ赤に染め上げる赤いライトとヘザーが身に纏う黒い衣装が印象的だ…

僕はAqua Timezの音楽を聴いてなぜ恋に落ちたのか

僕はあなたの音楽を聴いて恋に落ちました、初めて音楽というものが心の底から好きになりました。この恋心を文にしよう。誰が見ているかも分からないネット上の片隅で、誰もいないうちに好きな子の靴箱にそっと便箋を差し込むように、ここに記そう。あなたの…

湖面に泳ぐ、魚を見上げて

CHVRCHES JAPAN TOUR 2019@豊洲PIT 時刻は午前3時。「おはよう、CHVRCHES見に行くぞ。」友人からの連絡である。「へっ!?」寝れぬまま過ごす私は、東京へ向かう夜行バスに揺られながら出かかった情けない声を、なんとか両手で喉奥に押し戻した。 「ライブ…

当たると噂のSummer Sonic 2019ステージ割り予想

どうも、まさに「サマソニが組みそうなステージ割り」を予想することに定評があります(見たいタイムテーブルではなく)。まだまだ発表されたアーティストは出揃っていませんが、メインステージを中心に予想していきたいと思います。例年通り1ステージ7~8組と…

2018年ライブ振り返り(秋冬編)

続きまして秋冬編。秋は少なめ、冬は多め。 Liam Gallagher 2年連続来日かつ、ノエル兄さんに引き続きライブで見れるってOasisファンは恵まれてるなあという。(サマソニでノエルが「リアムによろしく」みたいなことMCで言ってた記憶) 大阪で2日とも参加。ま…

2018年ライブ振り返り(夏編)

昨年下半期は忙しく、せっかく行ったライブの感想を書けてなかったので、簡潔にだが記しておきたい。そもそも誰が見てるかも怪しいライブレポートをなぜ残しているのかと言えば、ライブが楽しければ楽しい程にその記憶が残ってくれないという困った僕の特性(…

世界一分かるThe 1975「Love It If We Made It」歌詞和訳&解釈

youtu.be The 1975「Love It If You Made It」は、様々な社会情勢を取り上げつつ強いメッセージを歌い上げた素敵な楽曲です。今回は歌詞の和訳とともに解釈や註釈を加えようと試みました。和訳だけ読みたい方も多いと思うので、和訳部分の※がある部分につい…

The 1975「A Brief Inquiry Into Online Relationships」を聴いて

お気に入りのアルバムを聴こう。机に開いたノートには、アルバムの全楽曲の歌詞とその和訳が、稚拙ながら丁寧に書き連ねられている。左手にはコーヒーカップ。そうして、神前に向かう厳かな儀式を執り行うようにいつもの手順を追ったら、レコードに針を落と…

2019年サマソニヘッドライナー予想

年が明け、いよいよサマソニのヘッドライナー含め出演者の発表間近ですね。ネット上でも各出演者予想から真偽不明のリーク情報まで溢れ返っていて「盛り上がってきたなあ」と実感します。(この時期が一番楽しかったりする)一応今年も各フェスヘッドライナー…

重戦車、家路につく

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ホームタウン」 ある日、夕飯用の食材を買いに行った帰り道。ふと「ああアジカンの新しいアルバム今日出てるな。」と気付き、Spotifyを起動する。そういえばGotchおじさんが今作は音にこだわってると言ってたなあと思い、試しに既…